AD
最新の記事
カテゴリー
リンク
過去ログ
佐世保競輪開設67周年記念「九十九島賞争奪戦(GIII)」 決勝戦 予想
地元井上昌己に園田匠を連れて北津留翼が先行か、成田和也、和田圭を連れて坂本貴史が先行か。
どちらも仕掛けが遅く、主導権取りが読みにくい。

井上を連れた北津留がブン駆けからの2段駆けも予想できるが果たして。
その展開なら井上、園田の折り返し。

2段駆け封じに坂本が早めに仕掛ければ、やりあう可能性大で、近畿勢の出番も。

坂本主導権に中団近畿勢、北津留まさかの自分だけ届く競走も充分ありえる。

穴は両ラインが牽制し合った時、単騎の吉田敏洋が動いた時か。

狙いは地元井上からと近畿勢。


12レース S級決勝
(1)井上昌己 長崎86期
(2)成田和也 福島88期
(3)山田久徳 京都93期
(4)和田 圭 宮城92期
(5)吉田敏洋 愛知85期
(6)坂本貴史 青森94期
(7)園田 匠 福岡87期
(8)北津留翼 福岡90期
(9)椎木尾拓哉 和歌山93期

並び予想
(6)坂本-(2)成田-(4)和田
(8)北津留-(1)井上-(7)園田
(3)山田-(9)椎木尾
(5)吉田

予想
1=7-23459
17-23459-17

3=9-15427
39-12457-39






佐世保競輪 | 【2017-12-17(Sun) 00:53:40】 | Trackback(-) | Comments(-)Twitterでつぶやく
佐世保競輪開設65周年記念 「九十九島賞争奪戦」 決勝戦 予想
グランプリ出場組が揃って敗退で大波乱の準決勝。
準決勝を勝ち上がれないグランプリ出場選手、何て弱いんだ!

F1並みの決勝戦。
地元九州勢が3車に岩津裕介が援護。

野原雅也がいるが、このメンバー相手に逃げる理由が無い。

3割増しの力で戦う地元井上昌己から、2着は番手捲りの山田英明。
穴は、和田圭の突っ込み。


12レース S級決勝
(1)井上昌己 長崎86期
(2)和田 圭 宮城92期
(3)後閑信一 東京65期
(4)中村 淳 栃木69期
(5)岩津裕介 岡山87期
(6)野原雅也 福井103期
(7)吉本卓仁 福岡89期
(8)加藤圭一 神奈川85期
(9)山田英明 佐賀89期

並び予想
(7)吉本-(9)山田-(1)井上-(5)岩津
(6)野原-(2)和田-(8)加藤
(3)後閑-(4)中村

予想
1-9-2358
1-2-9358




佐世保競輪 | 【2015-12-08(Tue) 00:39:10】 | Trackback(-) | Comments(-)Twitterでつぶやく
佐世保競輪開設64周年記念「九十九島賞争奪戦」 決勝戦 予想
4車結束、地元の井上昌己を連れ中川誠一郎が主導権。
別線の動きに合わせ、井上の抜け出し濃厚。

桐山敬太郎、後閑信一あたりが九州3番手狙って混戦になれば新田祐大の一発も。

予想は素直に井上からの狙いで。

12レース S級 決勝
(1)金子 貴志 愛知 75期
(2)井上 昌己 長崎 86期
(3)後閑 信一 東京 65期
(4)荒井 崇博 佐賀 82期
(5)新田 祐大 福島 90期
(6)布居 寛幸 和歌山72期
(7)中川誠一郎 熊本 85期
(8)桐山敬太郎 神奈川88期
(9)菅原 晃  大分 85期

並び予想
(3)後閑
(8)桐山
(7)中川-(2)井上-(9)菅原-(4)荒井
(5)新田-(1)金子-(6)布居

予想
②-④⑦⑨-④⑦⑨




佐世保競輪 | 【2014-12-22(Mon) 22:42:28】 | Trackback(-) | Comments(-)Twitterでつぶやく
佐世保競輪場開設62周年記念「九十九島賞争奪戦(G3)」決勝戦予想
先行力断然の脇本雄太が小野俊之を連れて2車でも果敢に主導権を奪う。他のラインはこの3番手が欲しいところだが、ここは位置取り匠な木暮安由が取りきると見る。
8番手を嫌って金子貴志が早目の巻き返し、遣り合うケースも十分。
狙いは、脇本、金子がやりあった時の復調気配海老根の一発から。


(1)小野俊之 大分77期
(2)中村浩士 千葉79期
(3)金子貴志 愛知75期
(4)海老根恵太 千葉86期
(5)小倉竜二 徳島77期
(6)関戸 努 宮城82期
(7)脇本雄太 福井94期
(8)岡部芳幸 福島66期
(9)木暮安由 群馬92期

並び予想
(7)脇本-(1)小野
(4)海老根-(2)中村
(3)金子-(5)小倉
(9)木暮-(8)岡部-(6)関戸

予想
④=② ④=⑦ ④=⑤




佐世保競輪 | 【2012-12-11(Tue) 01:48:37】 | Trackback(-) | Comments(-)Twitterでつぶやく
佐世保競輪開設60周年記念「九十九島賞争奪戦」 決勝戦予想
強さ際立つ深谷知広、金子貴志の強力師弟コンビに、即席ながらも強力になった鈴木謙太郎、長塚智広以下関東勢が挑む。
鈴木はラインの長さ生かして上手く深谷を抑え込んでの先行で、カマシてくるの中野彰人の3番手奪取が理想か。最悪深谷に出られたとしても金子の番手で粘ることも。
深谷がすんなり主導権なら師弟コンビでワンツー。
深谷、鈴木がやりあえば近況安定している長塚が有力だと思うが、とんでもない大波乱の可能性も。

①鈴木謙太郎(福島・90期)
②長塚智広(茨城・81期)
③深谷知広(愛知・96期)
④筒井敦史(岡山・85期)
⑤阿部康雄(新潟・68期)
⑥中野彰人(和歌山・93期)
⑦山口貴弘(栃木・84期)
⑧芦沢大輔(茨城・90期)
⑨金子貴志(愛知・75期)

並び予想
鈴木-長塚-芦沢-阿部
深谷-金子-筒井
中野-山口

①=② ①=③
③=⑨ ③=②


佐世保競輪 | 【2010-12-18(Sat) 23:20:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0) Twitterでつぶやく
次のページ
競輪検索
競輪ブログランキング

ツイッター
 
RSSフィード
FC2カウンター
ブックマーク

ブックマークに追加する

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: