AD
最新の記事
カテゴリー
リンク
過去ログ
弥彦記念 決勝戦レース経過
山田裕仁-山口富生-坂上樹大-新田康仁-斎藤登志信-佐藤成人-矢口啓一郎-藤原憲征-内海雅夫から赤板ホームで矢口が上昇を開始。

そのまま矢口は前団を押さえ、打鐘で先行態勢に入る。
中団はインに山田、アウトに新田で併走状態になるが、山田を締め込みながら内海のインにもぐった新田が巧みに中団を奪い、山田は七番手に置かれてしまう。

一旦緩めていた矢口は最終ホームから再度ペースを上げるが、2コーナーから新田がまくって出る。しかし、車間を切って備えていた藤原が3コーナーでブロック。これで新田は失速して不発に終わる。

4コーナーを立ち直ると藤原が番手から抜け出すが、直線外を強襲した山口との際どい勝負に。
しかし、藤原は、山口に1/4輪先着していて、地元で嬉しい記念初優勝を飾った。
関連記事



弥彦競輪 | 【2007-07-11(Wed) 23:53:13】 | Trackback:(0) | Comments:(0) Twitterでつぶやく
競輪検索
競輪ブログランキング

ツイッター
 
RSSフィード
FC2カウンター
ブックマーク

ブックマークに追加する

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: