AD
最新の記事
カテゴリー
リンク
過去ログ
高松競輪開設60周年記念「玉藻杯争覇戦」決勝戦
小粒だが、面白そうなメンバーが勝ち上がった決勝戦。
人気は連日の走りを見てもSS班村上義弘に集中しそうだが、ラインの前を回る選手達(吉本卓仁、三宅達也)や単騎の武井大介、佐々木雄一も好調で波乱があるとみる。
主導権は中四国勢が有力も、吉本のカマシや村上の早めの巻き返しも充分。
狙いは、中四国勢からとその4番手あたりにいそうな武井から、そして九州のワンツーで。

①香川雄介(香川・76期)
②吉本卓仁 (福岡・89期)
③村上義弘(京都・73期)
④佐々木雄一(福島・83期)
⑤濱口高彰 (岐阜・59期)
⑥井上辰也(岡山・86期)
⑦加倉正義 (福岡・68期)
⑧武井大介(千葉・86期)
⑨三宅達也(岡山・79期)

並び予想
三宅-井上-香川
吉本-加倉
村上-濱口
佐々木
武井

①⑥⑧ボックス
②=⑦
関連記事



高松競輪 | 【2011-02-21(Mon) 23:42:39】 | Trackback:(0) | Comments:(0) Twitterでつぶやく
競輪検索
競輪ブログランキング

ツイッター
 
RSSフィード
FC2カウンター
ブックマーク

ブックマークに追加する

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: