AD
最新の記事
カテゴリー
リンク
過去ログ
福井記念!伏見俊昭選手が今年記念初V!
決勝戦ダイジェスト
号砲でしばらく見合って前受けを嫌うが、永井清史が腹を括って誘導を追った。誘導後位に全員が落ち着くまでに1周以上かかったが、永井―富永益生―前田拓也の中近勢が前団。コメントで「永井君の番手」を宣言していた山口貴弘が初手から富永のアウトに車を合わせる。渡部哲男―友定祐己が中団で、伏見俊昭―手島慶介―坂本英一が後方待機で周回が進む。
  赤板手前で伏見が上昇を開始すると、永井を押さえる。永井はスンナリ車を下げ、伏見が誘導後位に入ったところで、渡部が巻き返して誘導を交わし前に出た。打鐘過ぎの2センターで渡部が後続の出方を確認した瞬間に永井が発進。富永はやや車間が空きながらも懸命に永井を追い掛ける。前田まで出切り渡部は四番手をキープ。富永に競り負けた山口は友定後位で六番手。伏見は七番手に置かれた。最終バックでも一本棒の状態で、ゴールは前団で決まるかと思われたが、中団からまくり追い込みで伸びた渡部を、更に七番手から大外を強襲した伏見が捕らえ切った。永井を利した富永は3着まで。

優勝:伏見俊昭
「中団からレースをしたかったんですけど、結局7番手に置かれてしまって。
苦しい展開になったんですけど、お客さんのためにも最後まで諦めず走ろうと
思ったことが結果に繋がったと思います。永井(清史)君には寛仁親王牌、
サマーナイトフェスティバルと2回連続でやられていたので、リベンジが
果たせて嬉しい。またコツコツ頑張って行きたいですね。賞金的にも大きいし、
いつも獲得賞金ランキングをチェックしているんですよ(笑)。こっちの方が
1戦1戦集中できて、良いかもしれないです。また優勝できるように頑張りた
いと思います」

2着:渡部哲男
「伏見(俊昭)さんの前で走れれば行けるかなと思ったんですけど、風も強くて、
周回中に脚使ってしまいましたね」

3着:富永益生
「結局、永井しか先行する選手はいなかったしね。かわいそうだけど、しょうが
ないですね。でも、本当に強かったな。僕も良い勉強させてもらいました」
関連記事



福井競輪 | 【2007-07-29(Sun) 21:47:52】 | Trackback:(0) | Comments:(0) Twitterでつぶやく
競輪検索
競輪ブログランキング

ツイッター
 
RSSフィード
FC2カウンター
ブックマーク

ブックマークに追加する

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: