AD
最新の記事
カテゴリー
リンク
過去ログ
第23回寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメント 決勝戦予想
単騎で戦う選手が多く予想は難解。
G1取って調子に乗って大暴れの稲川翔や気合い伝わる菊地圭尚等が何かすれば面白いけど、果たして・・・。
凡戦になるらない事を期待する。

九州勢が主導権なら2段駆もある井上昌己、大塚健一郎けの折り返し、単騎の選手が分断策なら深谷知広、浅井康太の捲りが決まる。
前受けから深谷の突っ張りも考えられ、その時は浅井の逆転もあり。
穴は、深谷の番手や3番手に単騎の選手が追い上げ縺れた時、中川誠一郎や野田源一郎、池田勇人の一発なんてのあるかも。

狙いは、深谷浅井の中部コンビワンツーから穴に挙げた選手を絡めて。

11レース
(1)深谷 知広 愛知 96期
(2)大塚健一郎 大分 82期
(3)稲川 翔  大阪 90期
(4)池田 勇人 埼玉 90期
(5)井上 昌己 長崎 86期
(6)野田 源一 福岡 81期
(7)浅井 康太 三重 90期
(8)菊地 圭尚 北海道 89期
(9)中川 誠一郎 熊本 85期

並び予想
(9)中川-(5)井上-(2)大塚
(1)深谷-(7)浅井
(3)稲川
(4)池田
(6)野田
(8)菊地

予想
①=⑦-⑨④⑥
関連記事



弥彦競輪 | 【2014-07-21(Mon) 05:43:20】 | Trackback(-) | Comments(-)Twitterでつぶやく
競輪検索
競輪ブログランキング

ツイッター
 
RSSフィード
FC2カウンター
ブックマーク

ブックマークに追加する

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: