AD
最新の記事
カテゴリー
リンク
過去ログ
松山競輪開設65周年記念「金亀杯争覇戦」 決勝戦 予想
連日の動きから優勝候補筆頭は平原康多、次いで神山雄一郎、次が縦だけでなく位置にも拘った競走してる石井秀治。
主婦権は、繰り上がりでツキある矢野昌彦、準決勝は松岡貴久に上手い事合されたが、ここは、何が何でもの先行。
その3番手を、平原、松岡、石井で縺れそう。

予想は、平原が3番手奪取とみて、神山平原の折り返しに後閑信一、石井、地元の橋本強。
3番手を平原、松岡で縺れれば、神山石井の折り返し。

穴は3番手松岡が奪取からの先捲り。

11レース S級 決勝
(1)井上 昌己 長崎 86期
(2)後閑 信一 東京 65期
(3)神山雄一郎 栃木 61期
(4)橋本 強  愛媛 89期
(5)石井 秀治 千葉 86期
(6)齊藤 努  東京 69期
(7)矢野 昌彦 栃木 91期
(8)松岡 貴久 熊本 90期
(9)平原 康多 埼玉 87期

並び予想
(7)矢野-(3)神山
(5)石井
(9)平原-(2)後閑-(6)齊藤
(8)松岡-(1)井上-(4)橋本

予想
③=⑨-②⑤④
③=⑤-④⑧⑨

穴予想
⑧=①-④③⑤⑨
⑧=⑤-①④③⑨

関連記事



松山競輪 | 【2014-11-03(Mon) 03:20:09】 | Trackback(-) | Comments(-)Twitterでつぶやく
競輪検索
競輪ブログランキング

ツイッター
 
RSSフィード
FC2カウンター
ブックマーク

ブックマークに追加する

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: