AD
最新の記事
カテゴリー
リンク
過去ログ
岸和田競輪開設65周年記念「岸和田キング争覇戦」 決勝戦 予想
近畿が分かれてとても違和感のある並びに、何か裏があるのかどうか…。

先行力一枚上の川村晃司が断然有利。
すんなり逃がしては京都勢の上位独占必至で、目標無い明田春喜や自在に立ち回る木暮安由が番手に行く可能性も。

別線となった地元の南修二は、前が縺れれば捲り、単騎で一発狙う松岡孔明が大カマシを打てば、それに続く算段か。

競輪グランプリを控えた村上兄弟として見れば無事完走する事が一番なら、ここは川村に獲らせる作戦。

成り行き先行木暮から番手抜け出す志村大賀や先捲り南が穴。


11レース
(1)南 修二 大阪88期
(2)木暮安由 群馬92期
(3)村上義弘 京都73期
(4)松岡孔明 熊本91期
(5)明田春喜 北海道89期
(6)前田拓也 大阪71期
(7)村上博幸 京都86期
(8)志村太賀 山梨90期
(9)川村晃司 京都85期

並び予想
(9)川村-(7)村上博-(3)村上義
(2)木暮-(8)志村
(1)南-(6)前田
(4)松岡
(5)明田

予想
⑨-②③⑤⑦⑧ー②③⑤⑦⑧

予想
⑧=②-①⑤⑨ ⑧=⑨-①②⑤

大穴予想
①-②⑥⑧⑤⑨-②⑥⑧⑤⑨


関連記事



岸和田競輪 | 【2014-12-02(Tue) 02:47:07】 | Trackback(-) | Comments(-)Twitterでつぶやく
競輪検索
競輪ブログランキング

ツイッター
 
RSSフィード
FC2カウンター
ブックマーク

ブックマークに追加する

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: