AD
最新の記事
カテゴリー
リンク
過去ログ
第66回高松宮記念杯競輪 決勝戦 予想
関東VS近畿、単騎戦を選んだ選手が3人と実に難しい決勝戦。
好調脇本雄太がすんなり逃げての展開になれば近畿で連独占もあるが、平原康多や岩津裕介の分断策もあり簡単には行かないだろう。
ライン3車となった平原の先行も十分ありでこちらが主導権なら武田豊樹の優勝か。

今度こそは!の稲垣裕之、準決勝神山の強烈ブロックを凌いだ力は、今回こそ獲れるともの信じて。
近畿結束、脇本のブン駆けから稲垣番手発進、村上義弘が大仕事をやって稲垣を男にする。

穴は、レースが良く見えてる岩津裕介から手広く。

12レース S級決勝
(1)武田豊樹 茨城88期
(2)村上義弘 京都73期
(3)岩津裕介 岡山87期
(4)佐藤慎太郎 福島78期
(5)平原康多 埼玉87期
(6)松岡貴久 熊本90期
(7)稲垣裕之 京都86期
(8)脇本雄太 福井94期
(9)石井秀治 千葉86期

並び予想
(5)平原―(1)武田―(4)佐藤
(8)脇本―(7)稲垣―(2)村上
(3)岩津
(6)松岡
(9)石井

予想
7=3-124 7=2-134 7=1-234
3=1-248 3=8-124



関連記事



岸和田競輪 | 【2015-06-20(Sat) 23:36:51】 | Trackback(-) | Comments(-)Twitterでつぶやく
競輪検索
競輪ブログランキング

ツイッター
 
RSSフィード
FC2カウンター
ブックマーク

ブックマークに追加する

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: