AD
最新の記事
カテゴリー
リンク
過去ログ
第69回日本選手権競輪 決勝戦 予想
近畿も中部も自力型が並び、どちらが主導権取っても2段駆け体勢。

近畿が前受なら三谷竜生は突っ張るか、やりあう展開になりそうなら竹内雄作の番手で粘る算段だろう。
三谷の早駆けから川村晃司が番手から出て行く展開や三谷が竹内の番手に嵌ってる展開で近畿勢の連独占。

中部の作戦としたら、突っ張る展開もあるだろうが、三谷を逃がして川村が出て行く前に竹内が出切るのが理想か。

難しいが、最後は両ラインの動きを見ながら俊敏に立ち回る新田祐大が快速捲りで一蹴しそう。

3連単全て新田絡みで近畿の前残りと竹内、単騎の野田源一を絡めて狙う。


11レース S級決勝
(1)金子貴志 愛知75期
(2)村上義弘 京都73期
(3)新田祐大 福島90期
(4)三谷竜生 奈良101期
(5)岩津裕介 岡山87期
(6)野田源一 福岡81期
(7)深谷知広 愛知96期
(8)川村晃司 京都85期
(9)竹内雄作 岐阜99期

並び予想
(9)竹内-(7)深谷-(1)金子
(4)三谷-(8)川村-(2)村上
(3)新田-(5)岩津
(6)野田

予想
3-24689-24689 24689-3-24689 24689-24689-3


関連記事



名古屋競輪 | 【2016-03-12(Sat) 23:41:01】 | Trackback(-) | Comments(-)Twitterでつぶやく
競輪検索
競輪ブログランキング

ツイッター
 
RSSフィード
FC2カウンター
ブックマーク

ブックマークに追加する

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: