AD
最新の記事
カテゴリー
リンク
過去ログ
オールスター競輪決勝結果
決勝戦 レース経過
号砲で佐藤友和が飛び出して誘導員後位へ。北日本勢が前受けで山崎芳仁―佐藤友和―伏見俊昭―菊地圭尚。初手から飯嶋則之が山崎後位で佐藤に車を合わせる。豊田知之が中団で、新田康仁―鈴木誠―遠沢健二の南関トリオが後攻めで周回が進む。
飯嶋と佐藤は何度か併走を見せたが、佐藤がとりあえず一車下げて勝負どころを迎えた。長走路だけに赤板では動きなく打鐘前の二角から新田が上昇を開始、すると山崎は早くも誘導員を交わして突っ張り先行を敢行した。佐藤は三番手のままで、アウトに迫った新田をブロックするのに必死で、山崎後位へ追い上げるチャンスは見出せない。最終バックから豊田がまくり上げると佐藤もこれに合わせて仕掛けたが、車の出が悪く飯嶋のブロックで失速。空いた内に伏見が潜り込んだが、飯嶋の内で詰まったまま、四角へ。飯嶋が一気に踏み込んで突き抜けると、ワンテンポ遅れて踏み出した伏見が2着強襲。まくり上げた豊田が堪えながら踏み続けて3着に入った。

レースは山崎芳仁の番手を奪った飯嶋則之が悲願の初タイトルを飾る。親王牌に続き4人でラインを組んだ北日本勢。その作戦はまたも失敗に終わった。
伏見俊昭は、「色々考えたけど、(佐藤)友和が三番手に下げて自分のタイミングでまくる。僕は離れないように、ゴール勝負だと思ってました。4コーナーで飯嶋の内に入ったけど、ドカせるフレームじゃないしバックを踏んで終わってしまった」と悔しがるが、2着に入りグランプリ出場権をグッと引き寄せた。
北日本の軸として初タイトルの期待がかかった佐藤友和(写真)は、まくり不発で8着に。
「最初は番手で勝負しようと思ったけど、飯嶋さんはヨコ強いし三番手に引いてまくる作戦でした。脚を溜めて行きたかったんだけど、新田さんをドカそうとして脚を使ってしまった。そう何度もチャンスがあるわけじゃないから悔しいけど、仕方ないです」
新田康仁にとって北日本の作戦は想定の範囲内だった。
「北日本のあの動きは予想できたから。友和のところで勝負だと思って降りたけど、山崎は僕を出させないように前半からハイペースで駆けてたから何もできなかった。悔しいです」

『第50回オールスター競輪(GI)レポート』 最終日編
より
関連記事



高知競輪 | 【2007-09-18(Tue) 22:35:59】 | Trackback:(1) | Comments:(0) Twitterでつぶやく
17日 G?オールスターが終わりましたね今日は19日今から書いても遅いとは思いますが 書きます。優勝は 飯嶋則之選手飯嶋選手はファン投票人気順位は35位ドリームレース、オリオンレースにも出てない一般予選出場からの優勝だった山崎芳仁 有坂直樹 小嶋敬二に続
【2007-09-19 Wed 12:12:43】 | 競輪☆学ブログ
競輪検索
競輪ブログランキング

ツイッター
 
RSSフィード
FC2カウンター
ブックマーク

ブックマークに追加する

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: