AD
最新の記事
カテゴリー
リンク
過去ログ
第32回読売新聞社杯全日本選抜競輪 決勝戦 予想
ライン先頭の自力選手の駆け方が難しく、展開読みづらい。

4車で結束する平原康多が主導権なら、関東で連独占。

三谷竜生が抵抗して平原との叩き合いになれば、単騎の新田祐大、浅井康太の出番。

三谷もしくは平原の後ろが縺れる可能性もあり、両者が嵌る展開も。
この時は新田も絡めて。

穴は、神山拓弥。



11レース S級決勝
(1)武田豊樹 茨城88期
(2)新田祐大 福島90期
(3)浅井康太 三重90期
(4)諸橋 愛 新潟79期
(5)稲垣裕之 京都86期
(6)和田健太郎 千葉87期
(7)平原康多 埼玉87期
(8)神山拓弥 栃木91期
(9)三谷竜生 奈良101期

並び予想
(7)平原-(1)武田-(4)諸橋-(8)神山
(9)三谷-(5)稲垣
(2)新田
(3)浅井
(6)和田

予想
7=1-348
2=3-148
927-927-123789


関連記事



取手競輪 | 【2017-02-18(Sat) 22:59:18】 | Trackback(-) | Comments(-)Twitterでつぶやく
競輪検索
競輪ブログランキング

ツイッター
 
RSSフィード
FC2カウンター
ブックマーク

ブックマークに追加する

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: