AD
最新の記事
カテゴリー
リンク
過去ログ
武雄競輪開設69周年記念「大楠賞争奪戦(GIII)」
単騎多く、細切れ難解の決勝戦。

地元荒井崇博を背負った山崎賢人、責任重大のここは積極的に主導権なら荒井に大チャンス。

何もせずでは終われない松坂洋平が逃げれば、3番手4番手にいる平原康多や松浦悠士の先捲りが決まる。

調子の良さと力で平原、松浦から狙う。

地元5割増し、荒井の優勝も少々。


12レース S級決勝
(1)荒井崇博 佐賀82期
(2)平原康多 埼玉87期
(3)小倉竜二 徳島77期
(4)野田源一 福岡81期
(5)松浦悠士 広島98期
(6)松坂洋平 神奈川89期
(7)山崎賢人 長崎111期
(8)小川祐司 愛媛96期
(9)中村浩士 千葉79期

並び予想
(7)山崎-(1)荒井
(6)松坂-(9)中村
(5)松浦-(3)小倉
(2)平原
(4)野田
(8)小川

予想
2=5‐3489
125ボックス

関連記事



武雄競輪 | 【2019-04-06(Sat) 23:51:51】 | Trackback(-) | Comments(-)Twitterでつぶやく
競輪検索
競輪ブログランキング

ツイッター
 
RSSフィード
FC2カウンター
ブックマーク

ブックマークに追加する

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: