AD
最新の記事
カテゴリー
リンク
過去ログ
函館競輪開設71周年記念「五稜郭杯争奪戦(GIII)」 決勝戦 予想
実力者が勝ち上がり面白いレースが期待できそうだが、難解な決勝戦。

徹底先行野口裕史が故郷凱旋で好気合いで、ここも主導権。
3番手位置が縺れるか、番手松谷秀幸が狙われるかは微妙だが、古性優作や守澤太志が狙ってくる。

力勝負を匂わせてるダービー王松浦悠士が、縺れたところを一気に仕掛ければ頭まであるか。

3車とライン長い古性も野口に逃げさせてはと思えば先行の可能性もあり。

狙いは、今節直線の伸び抜群の守澤からとすんなり主導権取ったときの野口の逃げ切り。


12レース S級決勝
(1)松浦悠士 広島98期
(2)村上義弘 京都73期
(3)守澤太志 秋田96期
(4)柏野智典 岡山88期
(5)佐藤慎太郎 福島78期
(6)野口裕史 千葉111期
(7)古性優作 大阪100期
(8)椎木尾拓哉 和歌山93期
(9)松谷秀幸 神奈川96期

並び予想
(3)守澤-(5)佐藤
(1)松浦-(4)柏野
(6)野口-(9)松谷
(7)古性-(2)村上-(8)椎木尾

予想
3=5-167 3-167-1576
6-93175-93175


関連記事



函館競輪 | 【2021-05-18(Tue) 06:13:01】 | Trackback(-) | Comments(-)Twitterでつぶやく
競輪検索
競輪ブログランキング

ツイッター
 
RSSフィード
FC2カウンター
ブックマーク

ブックマークに追加する

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: