AD
最新の記事
カテゴリー
リンク
過去ログ
競輪くじチャリLOTO最大12億円
後半7個レースの1着すべて当てる

200円が12億円になる! 国内史上最高額の「競輪くじ」を神奈川・平塚競輪場が4月15日(開催は16日から)から発売することが5日、明らかになった。一口200円で最大12億円の払戻金になる「チャリLOTO」がそれだ。東京・立川競輪場も同24日から最大6億円になるくじの発売を始める。神奈川・花月園競輪場では6月をメドに準備を急いでいるほか、中部地区の岐阜、名古屋、一宮、四日市競輪場でも今年度中の導入を予定している。

12億円の「チャリLOTO」の買い方は、「totoBIG」と基本的には同じ。後半7レースの1着をコンピューターが予想し、すべて的中しなければならない。競輪を知らない人でもコンピューターが勝手に車番を選ぶので、気軽に買える。確率は478万2969分の1。「totoBIG」の発売実績から、当選者がいない回の次回の発売額は、約1・5倍になる。その例を「チャリLOTO」に当てはめると、第1回目のキャリーオーバー額が1000万円あった場合、7回目に12億円に達する。後半8レースの1着を自分で選び、6億円のチャンスがある「チャリLOTOセレクト」は同日の実施に向け調整中。

 立川競輪場は後半4レースの1、2着(順位は逆でも可能)を当てる2連勝複式で、コンピューターと自分で予想する2通り。最大払戻金は、200円で12億円になるよう調整中。中部地区の4競輪場は立川方式になる見込みだが、花月園競輪場は後半3レースの2連勝単式(37万3248分の1)で、従来通りの投票方法になる。

チャリLOTOオフィシャルサイト

関連記事



競輪ニュース | 【2008-02-07(Thu) 10:27:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0) Twitterでつぶやく
競輪検索
競輪ブログランキング

ツイッター
 
RSSフィード
FC2カウンター
ブックマーク

ブックマークに追加する

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: