AD
最新の記事
カテゴリー
リンク
過去ログ
和歌山競輪開設64周年「和歌山グランプリ」 決勝戦予想
主導権とる田中晴基の番手から抜け出す林雄一から。
中団縺れて、インから来そうな飯嶋則之、単騎の新田祐大を絡めて。

(1)村上 義弘 京都 73期
(2)飯嶋 則之 栃木 81期
(3)新田 祐大 福島 90期
(4)福田 知也 神奈川88期
(5)池田 勇人 埼玉 90期
(6)田中 晴基 千葉 90期
(7)林 雄一  神奈川83期
(8)牛山 貴広 茨城 92期
(9)稲垣 裕之 京都 86期


並び予想
(9)稲垣-(1)村上
(5)池田-(8)牛山-(2)飯嶋
(6)田中-(7)林-(4)福田
(3)新田

予想
⑦=②-③④ ⑦=③-②④




和歌山競輪 | 【2014-01-13(Mon) 23:00:34】 | Trackback(-) | Comments(-)Twitterでつぶやく
和歌山競輪開設63周年記念「和歌山グランプリ」 決勝戦予想
別線勝負となった近畿勢、前を回る脇本雄太、藤木裕、共に悪くなく番手の東口善朋、村上義弘が展開有利に進める。関東の先頭武田豊樹は、安定感抜群でさすがの一言、そして、するするといつの間にかやって来る穴男、五十嵐力が好調で実に面白い決勝戦。
実績から脇本の先行と見るが、7番手を嫌えば藤木の一気の巻き返しがある。単騎の五十嵐は脇本ラインの3番手、中団はやはり武田が確保。
ガチで近畿がやりあえば、武田の一捲くりで決着だが、狙いは、脇本がすんなり主導権、4番手が縺れた場合の地元東口からと、藤木が早めに巻き返したときの村上から。
そして穴男五十嵐を絡めて。


(1)村上義弘 京都73期
(2)武田豊樹 茨城88期
(3)東口善朋 和歌山85期
(4)齋藤登志信 宮城80期
(5)藤木 裕 京都89期
(6)池田 良 広島91期
(7)脇本雄太 福井94期
(8)五十嵐力 神奈川87期
(9)神山雄一郎 栃木61期

並び予想
(7)脇本(3)東口
(2)武田-(9)神山-(4)齋藤
(5)藤木-(1)村上-(6)池田
(8)五十嵐

③=① ③=⑧ ①=⑧




和歌山競輪 | 【2013-01-14(Mon) 23:32:50】 | Trackback(-) | Comments(-)Twitterでつぶやく
和歌山競輪開設61周年「和歌山グランプリ」 決勝戦予想
自力型多く細切れ戦、徹底先行不在のココは2日目逃げ切りの武田豊樹が主導権。武田は準決勝、外併走からの捲くりを決め内容も良く、ここもタイミングよく仕掛けて逃げ切り充分。
3番手あたり縺れるようなら海老根恵太の出番。

①市田佳寿浩(福井・76期)
②武田豊樹(茨城・88期)
③海老根恵太(千葉・86期)
④三浦稔希(愛知・76期)
⑤井上昌己(長崎・86期)
⑥湊聖二(徳島・86期)
⑦白戸淳太郎(神奈川・74期)
⑧友定祐己(岡山・82期)
⑨三谷将太(滋賀・92期)


並び予想
井上-友定-湊
市田-三谷
武田-三浦
海老根-白戸

②=① ②=③ ②-④
③-⑦




和歌山競輪 | 【2011-01-10(Mon) 23:09:47】 | Trackback:(0) | Comments:(0) Twitterでつぶやく
和歌山競輪開設61周年「和歌山グランプリ」
明日から和歌山競輪にて開設61周年「和歌山グランプリ」が開幕。SS班からは、成田和也、山崎芳仁、武田豊樹、海老根恵太、山口幸二、市田佳寿浩等が出場。

出場選手初日出走表
ライブ中継


和歌山競輪 | 【2011-01-07(Fri) 22:19:12】 | Trackback:(0) | Comments:(0) Twitterでつぶやく
和歌山競輪開設60周年記念「和歌山グランプリ」 決勝戦
一番逃げそうな永井だ2車では、先行はないか。近畿勢、福島勢、どちらが主導権取るかは五分。目標不在の兵藤が「先行の番手」宣言で展開縺れるならば、気楽な永井からの狙い。
近畿勢なら市田佳寿浩より地元の東口善朋からが面白い。

①稲垣裕之(京都)
②伏見俊昭(福島)
③兵藤一也(群馬)
④星島太(岡山)
⑤市田佳寿浩(福井)
⑥東口善朋(和歌山)
⑦武井大介(千葉)
⑧飯野祐太(福島)
⑨永井清史(岐阜)

並び予想
稲垣-市田-東口
飯野-伏見-武井
永井-星島
兵藤



和歌山競輪 | 【2010-01-25(Mon) 22:17:43】 | Trackback:(0) | Comments:(0) Twitterでつぶやく
前のページ 次のページ
競輪検索
競輪ブログランキング

ツイッター
 
RSSフィード
FC2カウンター
ブックマーク

ブックマークに追加する

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: